スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Pagetop

クリスマス in ドイツ Part2

女の子なら誰しも、おとぎ話に出てくるお姫様に憧れるもの。
きらびやかなドレスを身にまとい舞踏会へ行き、白馬の王子様とのハッピーエンディング

ここは、ロマンティック街道 Romantische Straße

昔、夢に見たあの城があるところです。

やって来たのは、フュッセン(Füssen)。
アルプスの麓の街です。
P1000989 のコピー

P1000994 のコピー
見上げれば、あの城が…
ルートヴィヒ2世の夢の跡 ノイシュバンシュタイン城

P1010002 のコピー
かぼちゃの馬車に飛び乗り、いざ参らん!

あれれ?バックに城が?!
進行方向 逆じゃないですか??

そうです。馬車は回り道。

P1010004 のコピー
人間は徒歩でこのような道を進みます。

P1010009 のコピー
ほぉら、見えてきた!

そして
P1010011 のコピー
王子様とお姫様、お城にご到着。
こちら、城の裏側です。

城を最も美しく見るためには、ここからさらに10分くらい歩いて
ペラート峡谷にかかるマリエン橋まで行かなくてはなりません。
日が傾き始め、急がなくては。

P1010024 のコピー
橋は山の陰になっていて、めちゃくちゃ寒い。

P1010023 のコピー
せーので振り返りましょう。
「せ~の!」

P1010025 のコピー
じゃ~ん!
青く澄み渡った空に映える、純白の城。

P1010028 のコピー
まるで、おとぎ話の世界から抜け出てきたかのよう。

改装工事中で足場が組まれていたのは残念でしたが、
それでもこの美しさ!


城内の見学もできました。
ガイド付きで撮影厳禁なので、この目に焼き付けてきました。
豪華な造りでしたが、彫刻をひかえペイントで装飾したあたり、コスト削減ですか?!

P1010017 のコピー
城からの眺め
かつての王様達も、この絶景に心癒されたことでしょう。

P1010019 のコピー
別の城も見えます。
夕日に染まるホーエンシュヴァーンガウ城
時間があればこっちも行きたかった。

ドイツは高緯度に位置してるから、日が沈むのが早い。

でも、夕暮れ時だからこそ見れた絶景の数々。
ロマンチックな時間が過ぎて行きました。夢見る時間はあっという間。

かくして、王子様とお姫様は幸せに暮らしましたとさ。


古城街道編へ続く…
スポンサーサイト

Pagetop

トラックバック

コメント

No title
あの日々に戻りたいなー
今はまるで魔法が解けたみたいだよ
  • 2009-12-03│02:35 |
  • Hohenheimen URL│
  • [edit]
 
v-22Hohenheimenさん
私も戻りたい!
春休みe-235魔法使いのおばあさんは
また来てくれるよ!
  • 2009-12-03│22:01 |
  • うさみ URL│
  • [edit]

コメントの投稿

非公開コメント

Pagetop


プロフィール

usami

Author:usami
 
   旅行が好き。
   買い物が好き。
   おいしいものが好き。

Canon PowerShot S100片手に
 今日も街へと繰り出す...
そんな大学生のblogです。


にほんブログ村へ
にほんブログ村
の村人になりました。

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

ランキングサイト

ブログランキング・にほんブログ村へ

アンケートモニター登録    

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。