スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Pagetop

1ヵ月間ヨーロッパ周遊 ポストイナ編

2010.03.09

昨日の晴天が嘘のよう。大荒れです

どうやら寒気団は、私達を追いかけ南下してきたようです。

でも、問題なし。だって今日はスロベニアが誇る自然の神秘 ポストイナ鍾乳洞に行くからです。洞窟の中なら雪なんてヘッチャラ。昨日ブレッド湖に行っておいてよかった。

駅から洞窟までの道のりは大変でしたが、中に入ってしまえばこっちのもの。

P1020235 のコピー

ポストイナ鍾乳洞(Postojnska jama)は世界第3位の大きさを誇る鍾乳洞。最初の2kmはトロッコ列車で駆け抜けます。
 
P1020254 のコピー
初トロッコ

P1020252 のコピー
極太の柱 まだ序の口

頭上に広がる空間
複雑に変化する鍾乳石に興奮の連続
頭すれすれのトンネルを猛スピードで走り抜けるなどスリルも満点

この鍾乳洞、楽し過ぎる。

この楽しさは写真だけでは伝わらないので、
movieでお楽しみ下さい



トロッコを満喫したら、その奥の1.7kmは徒歩で探検。英語のガイドさんが先導してくれます。私達がお世話になったガイドさんはとてもいい人で、本当は写真撮影禁止なんだけれど、撮影を許してくれました。そしてとってもフレンドリー。

洞内に人がたくさんいるの少しは奇妙。この鍾乳洞が大きい証拠。
P1020273 のコピー
後続のイタリア語のガイドさんは怖かった

P1020262 のコピー

P1020268 のコピー

P1020279 のコピー

P1020284 のコピー

P1020285 のコピー

繊細な鍾乳石からぶっとい柱に至るまで、長い年月をかけて自然が形成してきたものをじっくりと観賞(そして記念撮影)
今まさに落ちてくる雫も、景観を造り替えていると思うと、感慨深い。

ガイドツアーの最後は大きな円形ホール。音響は素晴らしくコンサートも開かれるとか。

再び、トロッコに乗り地上へ戻る。2度目も楽しいトロッコ列車。これに乗れただけでも十分スロベニアに来た甲斐がありました。


洞窟を出た後は、歩き方に載っている「洞窟城」に行ってみましょう。
「一度見たら忘れられない その外観」とまで書かれてますよ。必見、洞窟城。
ありがたいことに、無料のシャトルバスが出ています。

P1020299 エッジの光彩 のコピー

P1020333 エッジの光彩 のコピー
崖から浮かび上がるように佇むその姿は亡霊のよう。

城内は、凍えそうなほど寒く、等身大の人形が展示されていて不気味。

無料シャトルバスで駅へ戻り、順調にポストイナ観光を終えました。

スロベニアは自然の宝庫。ブレッド湖、ポストイナ鍾乳洞以外にもまだまだ多くの自然があるそうです。いつかまた訪れるときにでも、想像を絶する世界を体感させてもらいましょう。


さて、この後の私達は失敗の連続。

大きく3つの失敗をしました。

1つ目はリュブリャーナ駅で怪我をしたこと(受難のはじまり)
あとの2つは「リベンジ」とだけ記しときましょう。
ザグレブに行ったのでその写真も載せときましょう…
P1020336 のコピー
天気には敵わない。

まあ、人生という長いスパンでみたら、どれも取るに足らないことだと思う。


しかし、打ちのめされた私たちは意を決してイタリアへ移動することにしました。

スロベニアとの国境の街トリエステへ着いた瞬間、空気が変わりました。地中海らしい清々しい空気。

DSC09407_01 のコピー
車窓から

アドリア海に沈む真っ赤な夕日。これからの旅を象徴するかのような。私達の快進撃が 今 始まる。
スポンサーサイト

Pagetop

トラックバック

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

Pagetop


プロフィール

usami

Author:usami
 
   旅行が好き。
   買い物が好き。
   おいしいものが好き。

Canon PowerShot S100片手に
 今日も街へと繰り出す...
そんな大学生のblogです。


にほんブログ村へ
にほんブログ村
の村人になりました。

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

ランキングサイト

ブログランキング・にほんブログ村へ

アンケートモニター登録    

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。